Return to site

ステーキングとは

· 一般

ステーキングを一言で表すと、「保有している通貨を働かせることでブロックチェーンのセキュリティに貢献させ、その報酬をもらうこと」です。この記事では、なぜステーキングをすることで報酬を受け取ることができるのか、またその仕組みであるProof of Stakeとはどういうものなのかについて解説をしていきます。

プルーフオブステーク(Proof of Stake)とは

ブロックチェーンは分散型台帳とも呼ばれ、それぞれの台帳が過去の取引を互いに検証し、正しい取引のみを互いの台帳に記すことにより成り立っています。一番最初のブロックチェーンであるビットコインは、正しい取引を検証し選ぶ方法としてProof of Work(PoW)という仕組みを用いています。これは台帳に記す取引の塊(ブロック)にどの取引を入れるかを選び、そのブロックを台帳に記した人に対して報酬を与える設計となっており、台帳にブロックを記す人は、計算機を用いて多くの計算処理を行ない、ブロックチェーンのセキュリティに貢献した人が選ばれる仕組みとなっています。つまりビットコインの価値が上がれば上がるほど、ビットコインを求めて計算処理に参加する人が増え、さらにビットコインのセキュリティが厳重になる仕組みとなっています。

しかし、このPoWには、「ブロックを選ぶまでに時間がかかる」、「高性能なコンピュータがないとセキュリティに貢献できない」、「セキュリティの維持のために多くの大量の電力を消費する」などの欠点があります。それらの問題を解決する手段として考えられているのがProof of Stake(PoS)です。

 

PoSにおいても、PoWと同様に台帳にブロックを記す人は計算機を必要としますが、PoWほどの計算処理は必要としません。PoWは多くの計算処理が行われるほどブロックチェーンのセキュリティが強化される仕組みでしたが、PoSは、そのブロックチェーンが発行している通貨を多く持っている人ほど、ブロックを記す権利とその報酬を得ることができる仕組みとなっています。このような設計にすることでブロックチェーンのセキュリティが強化されています。

なぜなら、もし多くの通貨を持っている人がブロックを記す権利を得た場合、その人にとって都合のいい不正を行なったとしても、ブロックチェーン上の不正は皆に公開されるため、記された不正は発覚し、そのブロックチェーン自体の信用が落ち、ブロックを記した人が保有する通貨の価値も落ちることとなります。つまり、通貨を多く持つ人ほど不正を行うメリットよりもデメリットの方が大きくなり、不正を行う確率が極めて低くなるのです。これがブロックチェーン全体として、ブロックを記す人達の通貨保有量が多ければ多いほど、不正を行う確率は低くなると考えられる理由です。

ステークの意味

ステークは"賭け金"という意味で使われています。先に説明した通り、PoSにおいてブロックを記す人たちは、自分達の保有している通貨に合わせてブロックを記し報酬を得ることができます。

そのためには、厳密にはブロックを記す立場に立候補して、その権利を得るために自分が保有している通貨をロックアップ(鍵をかけて一時的に使用不可能に)する必要があります。この立候補を行う行為をステーキングと言います。自分の保有している通貨を一時的に使えないようにし不正を行わないための"賭け金"として扱うためです。多くの通貨がステークされるほど、ネットワークのセキュリティが強化されることとなります。

報酬を貰える理由

ステーキングを行う人達がそれぞれ多くの通貨をステークすればするほど、不正な行いを起こす人は減り、ブロックチェーンのセキュリティは強化されていくと考えることができます。正しいブロックを記すことによって報酬として新規発行分の通貨を得ることができるため、不正を行う動機は減り、ブロックチェーンのセキュリティが強化される設計となっています。ステーキングを行うことによって、ブロックチェーンのセキュリティに貢献し、その報酬として通貨を得ることができるのです。

不明点がございましたらメール、Telegramからお問い合わせください。
support_sanka@hashhub.tokyo
@sanka_network

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK